[比較] 地方工務店に依頼する場合のメリットとデメリット

一生に一度とも言われている「家」という大きな買い物をする時、誰と家を完成させますか?

カッコ良さ、見た目のデザインを重視した家がいいのか、

値段を重視してとにかく安い値段で建てる家なのか、

すぐに住めるように工期を短縮できる家としたいのか。

様々な考え方があることかと思います。

それぞれお客様一人一人のご要望に応えれるように、設計業界の中でも様々な選択肢があります。

ハウスメーカーや、工務店、建築家等がありますが、

それぞれにメリットデメリットがあるかと思いますのでご紹介していきます。

今日は「地方工務店編」です。

工務店とは一般的に、営業網を比較的狭い地域に限定し地元に密着した建築会社のことを言います。

規模は大きいところも小さいところもあり様々ですが、基本的には社長とお抱えの大工さんと事務員さん

という小規模で経営しているところが多くを占めています。

地方工務店のメリット

・建主の希望や条件に合わせた自由設計が可能

工務店との家づくりでは、設計から施工、アフターケアまで一貫して依頼をすることが可能です。
ハウスメーカーとは違い、法令の範囲内であれば、お客様の思い通りに設計をすることができるといえます。
工務店は施工性も考えながら計画してくれますので、計画的にできることと、
できないことはすぐに判断してもらえるのも魅力です。
また、もし予算オーバーしてしまった際にも、自社で安く仕入れることができる商品があったりするので、
聞いてみても良いかと思います。
減額方法もたくさんの知識があるといえます。

・小回りが利くので素早い対応が期待できる

ちょっとした改修案件や困り事がある際はすぐに相談でき、駆けつけてくれる場合がほとんでです。
地方工務店は地域密着型ですので、地元の評判が大切になってきます。
ですので、その地域での評判が長く営業を続けていける秘訣となっています。
地元で長く営業の実績がある工務店は信頼できると思います。

地方工務店のデメリット

・設計・施工が一貫となっているため、現場監理には注意が必要

第三者的な立ち位置で現場を監理してくれる人がいないので、
間違った知識や間違った工法で工事が進んでしまっていることもあります。
特に「気密施工」は工務店によって知識の差も出ますし、
今まで何も問題が起きていなかったから大丈夫。
というスタンスをとっている工務店もちらほら。
社長が大丈夫といえば大丈夫。という、悪く言うと「緊張感が無い」中での工事となりますので
信頼できる社長さんにお願いしましょう。

・デザインや見栄えは、工務店の「施工のしやすさ」が優先されることもある

自社でいつも使っている素材、安く仕入れることができる商品があるので、
工事の進めやすさが優先されることもあり、
デザイン的には「他と同じような家」となってしまうこともあります。
デザインにこだわりがある場合は、
写真等を見せて打ち合わせをすると具体的なイメージが伝わると思います。
最近ではデザインにも力を入れている工務店が多いので、
実際に工務店を訪ねてみてパンフレット等をもらうと良いでしょう。

まとめ

工務店は「何かあった時の機動力の高さ」というのが最大のメリットかと思います。

何かあった時に当日でも駆けつけてくれる。というのは地域密着だからこそ可能な技です。

地方工務店でなければ使えない補助金等もあるので、

気になる工務店があれば実際に訪ねて聞いてみましょう。

関連記事

  1. [エコハウス] 冬は熱を活かし、夏は熱を遮る「日射・遮蔽」の方法は?

  2. [模型] 無料相談について知ってもらいたいこと(その1)

  3. [健康] 人間は暑さに弱い??寒さに弱い??

  4. [減額方法] 安いけど、、かっこいい床って??

  5. [エコハウス] 性能に頼りすぎても…

  6. [意匠]スイッチの位置はどのくらいの高さにしてますか??

  7. [現場監理] しっかりと「監理」してくれる味方を探そう!!

  8. [オススメ生活] プロジェクターでテレビも観れる方法は?

↓ゲンジアーキ青森HPはこちら↓

PAGE TOP