気密試験

今週の土曜日は弘前市の新築住宅の気密検査でした。


お施主さん、工務店の営業さん、大工さん、設計者、

みんなで測定の見学をしました。

気密試験の結果で出てくるC値とは、

「家にどれくらいすき間があるのか」を示した数値です。

C値が小さいほど、すき間が少ない高気密な家ということになります。

高気密を目指す工務店は、C値を1.0㎠/㎡以下という目標を

たてるところも多いようですが、

さすが、川村建築さん(今回の住宅の工務店さん)、

C値「0.4㎠/㎡」を出してきましたね。

素晴らしいです。だいぶ良いんじゃないでしょうか。

気密施工は大工さんの腕が重要ですが、川村建築さんは慣れているだけあって

安心して見てられましたね。

しかし、試験の最中は、みんなソワソワ。。

今回は、屋根形状が少し複雑だったので、私もちょっと心配していましたが、

結果が良くて一安心です。

一部はボードを貼る手前でこの数値なので、

ボードを貼ったらもう少し性能が上がりそうですね。

さて、気密試験も終わったので、

仕上げに向かってどんどん進めていきましょう!

関連記事

  1. M邸現場レポート5

  2. 進む内装工事

  3. M邸現場レポート2

  4. M邸着工しました。

  5. M邸引渡

  6. M邸現場レポート6

  7. 隙間を埋める発泡材

  8. 全然寒くない…

最近の投稿

↓ゲンジアーキ青森HPはこちら↓

PAGE TOP