[模型] 無料相談について知ってもらいたいこと(その1)

なぜ無料相談にしているのか?

若くて実績も少ない我々に設計を依頼するということは、
正直リスクがあることだと思います。

我々にとっても、無料で初回提案をするというのは大変なリスクがあります。

1つの案を作るのは、それはたくさんの時間がかかります。
2人で活動している小さな設計事務所なので、

「提案もらったけど、やっぱりやめます。」

というのは、活動の危機になりかねません。苦笑

それでも、初回プレゼンまでを無料にしたのは、
ハウスメーカーさんや他のビルダーさんよりも
1つの案件に対して、

「熱意と誠意を持って取り組む姿勢」

提案を見ることで判断して頂ける。
と考えたからです。

価値観が合わない設計者、または、お施主様とプロジェクトを進めると
お互いが必ず不幸になります。

初回プレゼンテーションは、お互いの価値観をすり合わせるお時間だと
思って頂けると幸いです。

なぜ模型をつくるのか?

初回プレゼン時でも、建築模型はつくるようにしています。

お施主様にとっては図面でみるよりも、模型でみるほうが分かりやすく、
要望や疑問等が、たくさんでてきやすくなるためです。

模型はお施主様との重要なコミュニケーションツールだと思っているので、
議論が活発になるために時間をかけてつくっています。

ゲンジアーキでは、最低2案ほど初回プレゼンでは提案をするようにしています。
そして空間が伝えにくいな。この案のほうが面白そうだな。
という1案の模型をつくって初回プレゼンに挑んでいます。

設計契約まで進むと、さらに詳細な検討をするため、敷地の周辺の模型や、
スタディ模型をたくさん作って、
(多いときは屋根の形だけで、10個以上模型をつくり)
屋根の形状や光の入り方などを所内で話し合い、検討することもあります。

しかし、たくさん提案してもお施主様は選ぶのに困ってしまうので、
所内でまた厳選した模型で打ち合わせでご提案しています。

まとめ

ゲンジアーキは2019年に設立した若い設計事務所です。
その分、正直なところ、我々の時間は惜しみなく使うことができる
と考えています。

ですので、模型1つ1つにも、情熱を持って検討し、
誠意を持ってプレゼンテーションができると考えております。

ぜひ、皆様と打ち合わせできる日を心待ちにしております。

関連記事

  1. [工作]夏休み後半!工作の宿題に素敵な額縁アイディア2

  2. [トラブル対処] 身近な漏水トラブルとその原因

  3. [資金計画] 無料相談について知ってもらいたいこと(その4)

  4. [家づくり] 青森の住宅と坪単価

  5. [比較] ハウスメーカーに依頼する場合のメリットとデメリット

  6. [現場監理] しっかりと「監理」してくれる味方を探そう!!

  7. [エコハウス] 性能に頼りすぎても…

  8. [近隣トラブル回避] 隣近所とのお悩みはありませんか??

↓ゲンジアーキ青森HPはこちら↓

PAGE TOP